Adobe FlexとはFlexでリッチなeラーニング教材&システムを作る連載記事

この記事のポイント
  • Adobe Flexについてご説明します。
こんな方におすすめの記事です
  • Adobe Flexとはどのようなソフトなのかを知りたい。

Adobe Flexの特長

Adobe Flex(アドビ フレックス)とは、Adobe Flash(アドビ フラッシュ)の技術を基盤にしたWebシステムのフロントエンドの開発技術です。

RIA(リッチインターネットアプリケーション)とは

既存のHTMLページは、静的な「動かない」ものが中心でした。RIAは、ユーザーの状況に合わせて情報を変化させ、高い表現力や操作性を可能にした「リッチな」Webアプリケーション(の総称)を指します。

Flashの特性である「ビジュアル性」や「操作性の高さ」を生かし、RIA(リッチインターネットアプリケーション:Rich Internet Applicationsと呼ぶにふさわしいシステムを実現できます。

Flashにおいてもよく知られている画像のドラッグ&ドロップやアニメーションなどの機能を、システム上で展開できます。

また、Flashと同様にswf形式にコンパイルされるため、クライアントの動作環境がOSに依存されず、クロスプラットフォーム(Windows/Mac/Linux)を実現できます。

HTMLとFlexを比較してみる

HTMLで作成したフォームと、Adobe Flexで作成したRIAのフォームの、比較サンプルです。

HTMLで作成したフォーム
HTMLで作成したフォーム

HTMLで作成したフォームのサンプルです。

標準的なテキストボックスやボタンを使用しているため使い慣れたインターフェースですが、あまり表現力が高いとはいえません。

Adobe Flexで作成したフォーム
Flexで作成したフォーム

Adobe Flexで作成したフォームのサンプルです。

項目の追加や削除を行うと、アニメーションとともにダイナミックにリストが変化します。

次のページは…
FlexでRIAを開発するには
林 あゆみ (はやし あゆみ)
林 あゆみ (はやし あゆみ)
Adobe Flex デベロッパー

SATTのオープンソースLMSであるAttain2、Attain3の開発に従事。現在はsmart FORCEを開発中。Flexは、試験問題作成システム等を受託開発。

Adobe Flexをeラーニングで活用 連載記事

RSSフィードで
最新情報を購読