LMSとは(学習管理システム)eラーニング運用の中核です

LMS(学習管理システム:Learning Management System)とは、eラーニングの実施に必要な、学習教材の配信や成績などを統合して管理するシステムのことです。

LMSは、eラーニングでのOS(オペレーションシステム)とも言える重要な存在です。

こんな方におすすめ

LMSの歴史と目的

eラーニングの問題点

インターネットの発展や企業内のネットワークの広がりと共に、オンラインでの教育(eラーニング)が身近になってきました。

教材をインターネット上のサーバーに保管しておくeラーニングは、CD-ROM教材などにくらべ、配布コストの削減や情報更新の早さなど、多くのメリットがあります。

しかしeラーニングの実施では、ひとつの問題点があります。

CD-ROM教材の場合は、配布さえ終われば、あとは各受講者がそれぞれ学習を開始します。配布側はまちがいなく教材を届けさえすれば、それ以上管理すべきことはありません。

しかしeラーニングの場合は、

など、インターネットという公開された場ゆえの問題点が出てきます。

これを教材作成者や学校の先生・教育担当者の方が解決するのは、とてもたいへんです。インターネットの技術的な仕組みやサーバーの知識が必要なため、多大なコストや時間が浪費されてしまいます。

LMSで統合管理

上記の問題点を解決するために考案されたのが、LMS(Learning Management System:学習管理システム)です。

パソコンのOS(オペレーションシステム)のように、必要な機能をあらかじめ搭載し、簡単な操作で処理できるような「プラットフォーム」を用意すれば、教材の作成や学習指導などに集中できます。

LMSでは、さらに学習者の成績・進捗管理という、eラーニングならではの機能が搭載されています。

このような個人指導の指針となるデータも、取得・管理できるようになります。

LMS(学習管理システム)の仕組み

SCORMで規格を統一

たいへん便利なLMSですが、各社が独自にLMSの規格を立ち上げると、教材とLMSとの間でやりとりする情報の互換性が失われてしまいます。

たとえばパソコンでのUSB規格などのように、統一した決まりがあれば多くの周辺機器(eラーニングでいえば教材)が開発しやすくなります。

そこで策定されたのがSCORM(スコーム)規格です。LMSと教材間の通信に決まりを持たせて、異なるLMS・教材であっても高い互換性を保持できるようになりました。

いまどきのLMS

さらに近年の傾向として、コミュニティ機能を組み合わせた利用も注目されています。

人対人のコミュニケーションが取りにくい傾向のあるeラーニングですが、掲示板やブログ、TwitterやGoogle+、Facebookなどに代表されるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などの機能を搭載することで、より効果的な学習指導(コーチング)が期待できます。

インターネットの回線速度の向上により、ビデオ配信やリアルタイムのビデオ会議(Web会議、ビデオチャット)の活用も広まってきました。

また、RIA(リッチインターネットアプリケーション)とよばれる、高い表現力や柔軟なインターフェースを持ったLMSも登場し、より使いやすいシステムとして進化しています。

LMSの役割

LMSのおもな機能は、大きく分けて2つあります。

  1. 学習者と教材の管理
  2. 学習者の進捗状況の管理

一般的なLMSとしてご説明しています。

学習者と教材の管理

学習者と教材の管理は、たとえば『マネージメント教材を来月のはじめから公開しよう』『新入社員や就職内定者だけに、ビジネスマナーの教材を受講させよう』など、学習者と教材に関する機能です。受講する教材と学習者を割り当て(マッチング)させる役割もあります。

機能として、

などがあります。

学習者の進捗状況の管理

学習者の進捗状況の管理は、『学習者がどの教材を完了したか』『テストは何点獲得し、合格したか否か』などを、管理者が一元的に把握できる機能です。代表的なものは、

などがあげられます。

LMSの利点・メリット

LMSを使用することで、多くの利点・メリットが生まれます。

受講者(生徒、ユーザー)のメリット

講師(先生、教師)のメリット

管理者、教育担当者のメリット

ブラウザー上で動作する、一般的なLMSとしてご説明しています。

上記はLMSに限定したメリットをご紹介しましたが、LMS以外のポイントについてはeラーニングの利点・メリットも合わせてご覧ください。

関連リンク

RSSフィードで
最新情報を購読