第7回 映像編集 その1ビデオ教材のポイント&テクニック 連載記事

eラーニングと映像、前回に引き続きeラーニングで使用する映像を作成するために役に立つ知識・技術について紹介していきたいと思います。

この記事のポイント
  • 今と昔の映像編集についてご説明します。
こんな方におすすめの記事です
  • eラーニングで映像を使った教材(コンテンツ)を作成したい。

今回は映像編集についてです。

映像の編集は普通の人が行うことではない

家庭用の機材について言えば、ビデオカメラは編集用の機材に比べ早くから普及しました。初期の記録方式の主役はVHSとβマックスで、その後にVHS-C、8ミリビデオと小型化が進みましたが、基本的にはカメラで映した画像はそのまま再生して視聴するのが一般的でした。

編集用の機材も無いわけではありませんでした。と言っても当時は比較的高価だったビデオデッキに編集のための機能が備わって更に高価になった多機能ビデオデッキや、何とか文字を合成できるテロッパーなど、やはり高価で、しかもテレビ放送見るようなクオリティを実現できるようなものではなかったため、家電としては一般的になりえませんでした。

そんな時代を垣間見た人は、映像の編集は普通の人が行うことではないと思っても仕方が無かったでしょう。更に、それでも機械を揃えて果敢にもビデオ編集に挑戦してしまった人は、お金と時間と労力はかかっても、たいしたモノはできないと思ってしまってもまた仕方が無いかも知れません。

誰でも簡単にビデオの編集ができる時代

しかし、時代は進みデジタル記録方式ビデオの普及とパソコンの高性能化により、アナログ記録のビデオしかなかった時代に比べ格段に映像編集の敷居は下がり誰でも簡単にビデオの編集ができる時代になりました。だからビデオ編集の用のパソコンソフトを買って下さい、キャプチャボードを買ってください、マニュアル本を買ってくださいと関係メーカー等が力を入れていた時期も数年前にありました。

現在、一般ユーザー(業務用ユーザー)が入手できるビデオ編集の環境は、ハイビジョン規格編集のできる高性能な機材からOSに付属している映像編集ソフトまで、PCベースのものが多くあります。

また、それらの編集では、編集済みビデオはテープやDVD等のディスクに書き戻す以外に、PCで視聴するための形式にすることも多という点が特徴でしょう。

eラーニングで使用するビデオ映像も、もちろんPCで視聴するために加工・編集します。では、その場合の編集とは一体なんでしょうか?

このテーマを踏まえ、次回は編集の方法について述べたいと思います。

次のページは…
ビデオにおける編集とは
XUGNMOL
XUGNMOL
Flash デベロッパー

eラーニングコンテンツの開発を担当。ナローバンドが主流の時代から映像を使用した教材の開発に携わる。

eラーニングと映像 連載記事

RSSフィードで
最新情報を購読