第19回 圧縮方法ビデオ教材のポイント&テクニック 連載記事

eラーニングで使用する映像を作成するために役に立つ知識・技術について紹介していきたいと思います。今回も圧縮について考えます。

この記事のポイント
  • 圧縮について考えます。
こんな方におすすめの記事です
  • eラーニング教材(コンテンツ)に動画を使おうと考えている。

前回までの話で、圧縮により動画のファイルサイズを効果的に減らすことができることがおわかりいただけたと思います。では、実際に圧縮はどのようにして行うのかを述べたいと思います。

動画の圧縮方法

まず動画の圧縮を行うには動画を出力することができるソフトウェアが必要です。例えばAdobe Premiereのような動画編集ソフトでは、編集後に動画ファイルを出力する場合に圧縮方法を指定できます。

また、Canopus ProCoderのように既にある動画ファイルより圧縮方法を指定して別の形式で圧縮した動画ファイルを出力できるものもあります。

Adobe Premiereのムービー書き出しダイアログの設定画面

上の図はAdobe Premiereのムービー書き出しダイアログの設定画面です。このソフトウェアでは「ビデオ」「圧縮」という項目から圧縮形式を選択します。このように、圧縮はいくつかの中から選択するようになっています。また、今まで出てきませんでしたが、この圧縮形式はビデオコーデックと(単にコーデックとも)呼ばれます。

各圧縮形式にはたいてい細かい設定ができるようになっていて、どの位の圧縮を行うのか(圧縮率)などを設定できるのが一般的です。また以前に述べましたように、ここで画像の縦横サイズ、コマ数(フレームレート)を変更できる場合もあります。

このコーデック、実に多くの種類があり、それぞれ特性が異なるのですが、それらについては別の機会に述べたいと思います。

また、このような方法で圧縮されたファイルを再生するためにはやはりコーデックが必要になります。他の人から受取った動画ファイルなどがプレーヤーで再生できないような場合は、コーデックがそのPCにインストールされているかを確認するのが解決の一歩です。

なお、インストールされているコーデックは、Windowなら「デバイスマネージャ」の「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ」の「ビデオCODEC」のプロパティより確認することができます。

ビデオCODECのプロパティ

次回は、このコーデックについてもう少し詳しく述べたいと思います。

次のページは…
コーデック
XUGNMOL
XUGNMOL
Flash デベロッパー

eラーニングコンテンツの開発を担当。ナローバンドが主流の時代から映像を使用した教材の開発に携わる。

eラーニングと映像 連載記事

RSSフィードで
最新情報を購読