第21回 動画ファイルが再生できないワケビデオ教材のポイント&テクニック 連載記事

eラーニングで使用する映像を作成するために役に立つ知識・技術について紹介していきたいと思います。今回は動画ファイルを再生する場合について考えます。

この記事のポイント
  • 動画ファイルが再生できないケースについていくつかお話します。
こんな方におすすめの記事です
  • eラーニング教材(コンテンツ)に動画を使おうと考えている。
  • 動画ファイルが再生できずに困っている。

動画ファイルはこれまで述べてきましたとおり多くの種類が存在しますが、再生する場合はたいていWindows Media Playerなどの動画再生ソフトウェアに関連付けられているため、アイコンをみればプレイヤーで開くファイルなんだなと確認できますし、ダブルクリックすれば再生します。

通常はこれで問題ないのですが、特に作成途中の動画を確認のために視聴しなければいけないような場合に、渡されたファイルが再生できないという話をよく耳にします。次に動画ファイルが再生できないケースをいくつか記載しますので参考にしていただければ幸いです。

動画ファイルが再生できないケース

コーデックがインストールされていない
前回まで述べたようにファイルに対応したコーデックがPCにインストールされていないとファイルは再生できません。一般的に拡張子aviで発生しやすい問題です。また、音声のコーデックも映像と同様にインストールされていないとファイル自体再生できないこともあります。
構成ファイル
DVDの映像ファイルVOBなどファイル自体は動画ファイルでも、通常プレイヤーに関連付けがされていないため開けないことも多いようです。また、プレイ ヤーによってはこの形式を再生させないようにしているものもあります。他にはVideo-CDで使用されるファイルdat等があります。
Flash Video
急速に普及したFlash Videoですが、通常はブラウザー等で表示するFlash Playerで再生するため、ファイル単体flv、f4v等は通常そのままでは再生できないことが多いようです。これらファイルを直接再生したい場合は対応したプレイヤーを入手する必要があります。
メタファイル
それ自体には動画が記録されていないファイルです、ネットワーク上にある動画ファイルにアクセスするためのアドレス等が記録されており、Windows Media用のasx、Real Media用のram等があります。動画を再生するためにはネットワークが繋がっていること、ファイル自体が存在していること等の条件があります。ファイルアイコンが通常の動画ファイルと同じになることが多いため紛らわしいですが、特徴としてファイルサイズが小さいことが挙げられます。

このように動画ファイルが再生できない場合の理由はとても多くのケースがあり、これらに対応するには、ある程度の知識と慣れが必要となります。ですがその事実を理解しているだけでも「再生できない=ファイルが壊れている」と安易な判断をしないようになれると思います。

次のページは…
インターレース
XUGNMOL
XUGNMOL
Flash デベロッパー

eラーニングコンテンツの開発を担当。ナローバンドが主流の時代から映像を使用した教材の開発に携わる。

eラーニングと映像 連載記事

RSSフィードで
最新情報を購読