COBOL資産の活用サービスコボル資産の有効活用

基幹業務のバックグラウンドとして利用されるプログラミング言語COBOL(コボル)は、今も多くの企業システムで稼働しています。

これら「現有するシステム」を時代に合わせた形でいかに有効活用できるかが、基幹システムの大きなキーワードとなります。

このサービスのポイント
こんな方におすすめ
  • COBOLでプログラミングされているシステムを有効活用したい。
  • オープン化・メンテナンスのサポートをしてほしい。

現有システムの資産を埋もらせない!

プログラミング言語として古くから利用されているCOBOLは、その信頼性により基幹システムとして現在も多数の企業で利用されています。

オープンシステムへの移行(オープン化)が進む中、現有するシステム資産の有効活用という方法が、選択肢のひとつとしてクローズアップされています。

SATTでは長年にわたり駿河台学園を支えるシステムを運用し、さらには学校・官公庁の業務にも携わり、技術と経験を蓄積してきました。COBOLプログラムによる新規システム構築の開発や、オープン化・マイグレーション・メンテナンスのサポートなど、COBOL資産を有効に利用したいお客さまを強力にバックアップします。

COBOLでのシステム構築・サポート

SATTでは、

などの実績があります。COBOLに関するシステムの開発やサポートなど、お客さまへのご要望にお応えします。

関連リンク
COBOL資産の活用サービス

お手持ちのCOBOL資産を有効活用しませんか?新規システム開発やオープン化のサポートなど、COBOL資産を利用したいお客さまを強力にバックアップします。

RSSフィードで
最新情報を購読