財務省なるほど!そうなの?「財務省のしごと」

なるほど!そうなの?「財務省のしごと」オープニング画面

財務省では、修学旅行や総合学習の時間や、夏休みに行われる「子ども霞が関見学デー」にて省内を訪れる小中学生向けに業務説明や省内見学を行い、広く財務省の役割について知ってもらう活動を行っています。

そのなかで、財務省の業務内容を『視覚』を活用することによって、よりわかりやすく、効果的に情報提供することを求めていました。

ここがポイント
  • パンフレットを基に、絵コンテの作成から、イラストの作成、ナレーションの録音、開発作業まで、教材の制作をトータルでご支援します。
  • 対象年齢を考慮したコンテンツをご提案します。

動的コンテンツで仕事内容を紹介

財務省の各部局を回る:教材画面

財務省の仕事内容を紹介している、子ども向けパンフレットを元に、よりわかりやすく理解してもらうために、動的コンテンツ(flash)を作成しました。

このコンテンツは、財務省を見学に訪れた小中学生が最初に視聴するものになります。

見学への導入ステップで、財務省の仕事について理解してもらい、より見学の効果を高められるようになっています。

見学者(中学3年生)の感想

先日は突然のお願いにも関わらず、見学をさせていただき、ありがとうございました。

おかげさまで、国のお金の使い道について学ぶことができました。

特に心に残っていることは、財務省の中には、たくさんの役割があり、それぞれが大事な仕事であることです。そのおかげで国の財政が成り立っているのだなと思いました。

SATTからの提案、開発のポイント

絵コンテを作成

絵コンテ

コンテンツ制作の中で、できあがりのイメージをより正確に共有することで、コンテンツ制作中の修正を極力減らせます。

今回はパンフレットを元に絵コンテを作成しました。

絵コンテにはキャラクターの動き・台詞のほか、効果や効果音、背景を記入しています。

対象年齢を考慮して

小中学生(おもに小学校高学年~中学3年生)が対象年齢であるということを考慮して、「国の財政」という硬い内容を少しでもわかりやすく、親しみをもって閲覧できるようにご提案・制作させていただきました。

親しみやすいキャラクター

親しみが持ちやすいキャラクターにするため、丸みを帯びた “ゆるキャラ” 風にし、全体的に優しい印象となるようにしました。

また、普段はコンテンツの下部やサイドに字幕として表示しがちなセリフテキストを漫画のように吹き出しとして表示することで、漫画を読むように閲覧することが可能となり、よりコンテンツに親しみやすくしました。

吹き出し表示で漫画のように学べる

コンテンツ内の素材(背景)には実際の省内の写真を利用することにより、閲覧後の省内見学時も引き続き興味を持って取り組めるようにしました。

ご要望に柔軟に対応!eラーニング教材の開発・制作

SATTでは、eラーニング(e-Learning)の教材作成について、幅広くお客さまのニーズにお応えします。

本事例のようなオーダーメイドでのオリジナル学習教材の作成はもちろんのこと、お客さま自身での制作(内製化)支援もご提供しています。

具体的な教材作成の進め方は、eラーニングコンテンツの制作ステップをご覧ください。

また『企業・学校でeラーニングの教材準備に困っている』方は、無料セミナー最適なeラーニング教材のススメにご参加ください。

『どのような手段で、どのような形式の教材を用意すればいいのか?』という疑問に、ズバリお答えします。

関連リンク

RSSフィードで
最新情報を購読